NPO 向けワークショップ|Workshop for Nonprofits


ご参加いただいたみなさま。
ご参加いただき、ありがとうございます!こちらのフォームにてぜひ感想などをお知らせください。:https://goo.gl/Befdr6

NPO法人等でご活用いただけるGoogle のマッピングツール 概要


  • 日時: 5 / 19(木)9 : 00 - 19 : 30,  5 / 20(金)9 : 00 - 16 : 00 ( 13 : 00 - 16 : 00 はご紹介したプロダクトを実際に触れたり、紹介したGoogle 社員と直接話せるPlayground timeになります)
  • 会場:グーグル株式会社
  • 参加費:無料(応募書類を確認の上ご連絡いたします。)
  • 参加対象者:NPO でマッピングやテクノロジーを活用している方、またはこれから活用しようとしている方向けのワークショップになります。以下のいずれかに該当する方を募集します。
    • NPO に属している方、NPO のコンサルタント
    • 所属団体内において Google のマッピングテクノロジーを利用できる方
    • 地図に関するプロジェクトに関わる、または、作成したい地図データがある方
    • 以下のツールを中級 ~ 上級レベルで使える方
      • Google Earth、マップ、または Earth Engine
      • GIS
    • ウェブサイトや、マルチメディア制作に携わっている方
    • Google の地図系 API のプログラミングをしていた、している、これからしようとしている方
    • 組織や NPO コミュニティ内にて Google のマッピングテクノロジーのトレーニング経験がある方

こちらよりご応募いただけます。



より実践的で効果的なワークショップを行うために人数に制限を設けております。その為、応募いただいても、参加ができない可能性がある旨ご了承下さい。特に、特定の団体(または会社)から多数応募がある場合には、参加人数を限らせていただき、上記の参加対象項目に当てはまる方を優先的に招待いたします。


本イベントに参加し、会場で提供されるギフトを受け取る場合、法律や所属団体(または会社)のコンプライアンスに従った上で受け取るものとみなします。軽食や、配布物の総計は1人あたり5000円以下となります。



アジェンダ


5 / 19(木)



9 : 00

開場


9 : 30

イントロダクション

クライシスレスポンスやイノベーション東北などの、Google が既に日本で取り組んでいるプロジェクトを通じて得たヒントをもとに、Google Earth Outreachと、Earth Engineチームが今後日本で行う予定の活動を紹介します。


登壇者:Google 防災・復興プロジェクト プログラムマネージャー 松岡朝美

10 : 00

マッピング&ビジュアライゼーション 101 (マイマップ + Fusion Tables)


プレゼン
データ

本セッションでは、デスクトップやスマホ向けにシンプルで、周りの人と一緒に使えるマップを作成することを、マイマップを活用して紹介します。その後、より機能性の高いマップツールである、Fusion Tables を紹介します。

11 : 30

昼食

主催側で提供させていただきます。

12 : 30

マッピング&ビジュアライゼーション 201 (Google Earth)


プレゼン

Google Earthをほとんど使ったことがない方には、ぴったりなセッションです。Google Earthの操作方法や設定の変更から始め、Earthの持つコンテンツを色々と見てみることができます。そして、タイムスライダーといった便利なツールを紹介し、最後には自分自身でデータを可視化する方法をご案内します。
14 : 00

休憩


14 : 15

衛星画像、航空画像、ストリートビュー


1. プレゼン


2. プレゼン

Google Earth や、Earth Engine が提供する衛星、航空画像についての理解を深めていただくことを目的に、画像の入手経路から、活用方法とリクエスト方法についてご紹介します。また、 360° パノラマ の作り方と、アップロード方法を説明し、それをストリートビュー画像としてアプリや、Google マップ、Earth をつかってアクセスする方法や、ウェブサイトへの掲載についても紹介します。


15 : 45

休憩


16 : 15

モニタリング&アナリシス(ODK & Earth Engine)


プレゼン



Open Data Kit とは、Android デバイスでテキスト、画像や、映像とその GPS ロケーションを取得でき、インターネットに繋がらない場所でも活用できるツールです。本セッションでは、事例をお話させていただき、その後実際にその場で使用し、グループごとにそのデータをビジュアライズして紹介します。また、Android やその他スマホでで使える地図系アプリなども紹介します。

17 : 45

18 : 00 -

19 : 30

クロージング

懇親会




 



5 / 20(金)


9 : 00

開場


9 : 30

アナリシス (Earth Engine)

プレゼン

ウェブサイト


ストーリーテリング(Tour Builder)


プレゼン

ウェブサイト

Tour Builder (マップ上でストーリーテリングができる無料アプリケーション)を活用し、ストーリーを実体験できる2つの方法を紹介します。

11 : 00

グループディスカッション

本時間では、参加者がグループに別れ、学んだことやそのテクノロジーをどのように実生活で生かせるかディスカッションしていただきます。

12 : 00

Google for Nonprofits の紹介

テクノロジーとの接点やさらに活動の幅を広げるツールを紹介するとともに、Software Grants への応募方法についてご説明します。

12 : 15

昼食

主催側で提供させていただきます。

13 : 15 - 16 : 00

Playground time


時間経過の例







Overview of Mapping Tools for Public Benefit

When: Thursday 19 May 9:00 - 19:30; Friday 20 May 9:00 - 12:30, 13:00-16:00 Demo Playground and Reception

Where: Google Tokyo


Cost: Attendance is free, following acceptance into the workshop through Google’s application process.  


Who should attend?: This workshop is intended for nonprofit mapping and technology specialists. Ideal participants will meet one or more of the following requirements:


  • Are employed at a nonprofit or consult for nonprofits or working on a public benefit project.

  • Demonstrate ability to implement and make effective use of Google mapping technology within their organization.

  • Are currently working on mapping projects, or have datasets they want to map.

  • Have intermediate-to-advanced technical experience in one or more of the following areas:

    • Google Earth, Maps or Earth Engine

    • GIS experience

    • Web/multimedia development

    • Programming for Google Geo APIs

  • Possess training experience and intend to train others within their organization or in the larger nonprofit community on Google mapping technology.

Apply for the Geo for Good User Summit HERE!

The deadline for applications is Friday April 22nd. You will be notified of your acceptance in early May.

To ensure an effective hands-on experience, there will be a limited number of seats, so we may not be able to accept every workshop applicant.  In particular, we will be limiting the number of participants coming from any given institution and preference will be given to applicants who meet one or more of the requirements stated above. 


By attending this event and accepting any gifts which may be offered, you certify that you are able to do so in compliance with applicable laws and the internal rules of your organization. The value of food and other gifts provided at this event is under $50 per person.




Agenda

Thursday 19 May 2016

9:00

Arrival, Registration


9:30




Introduction




This session will introduce the Google Earth Outreach & Earth Engine teams in the context of their upcoming efforts in Japan. The presentation will build off of the work that has already been done with Crisis Response, mapping and the Innovation Tohoku Initiative led by Tomomi Matsuoka.

10:00



Session 1: Mapping & Visualization 101

(My Maps + Fusion Tables)

In this session, you will learn how to use My Maps to create simple, collaborative maps on your desktop or mobile phone. We will then be covering the more robust mapping tool called Fusion Tables.

11:30

Lunch


12:30

Mapping & Visualization 201 (Earth)

If you have little or no experience with Google Earth this is the session for you. We’ll start by teaching you to how to navigate and change preferences, and will guide you through exploring the built in content. Next we’ll explore some of Google Earth’s best tools, such as the historical imagery slider and teach you about the creation GUIs that allow you to create your own visualizations.
14:00      

Break


             14:15  

Satellite, Aerial and Street View Imagery







This session will give you deeper understanding of where the satellite and aerial imagery in Google Earth and Earth Engine comes from, what information can be gleaned from them and how to request new imagery in specific locations. Additionally, you will learn how to create and upload your own 360 images (photospheres), and access them as part of Google’s Street View imagery through the App, Google Maps and Earth, and embedded on your webpages.



15:45

Break


16:15

Monitoring & Analysis (ODK + Earth Engine)

Open Data Kit is a set of tools that allows you to collect field data, such as text, photos/videos, and GPC location from an Android device where there's no internet connection and then publish that data to the web when you're back online. We will learn about some existing use cases and the go out into the field for a fun collect. Once you've gathered your data, we will map and visualize them as a group. We will also be covering some Android and mobile tips and tricks to help you select phones, manage them, and some useful geo apps and general purpose utilities.
            17:45

Closing



 


            18:00

Dinner





Friday 20 May, 2016

9:00

Arrival



9:30

Storytelling (Tour Builder + Expeditions)

In this course you will learn two ways to tell your story in an immersive setting: using Tour Builder, a free web application that allows you to do storytelling on a map, and Expeditions, a virtual guided fieldtrip.

11:00




Small group discussions


We will be using this time to meet with smaller thematic groups to discuss learnings and share ideas on how to use this technology to make an impact.

12:00


Google for Nonprofits introduction



We will point you towards resources to stay in touch, get involved and apply for software grants.

12:15

Lunch



    13:15 - 16:00 Demo Playground  & Networking Time


Training Materials

DAY ONE
Mapping & Visualization 101 (My Maps + Fusion Tables)
Mapping & Visualizations 201 (Earth)

Satellite, Aerial and Street View Imagery

Monitoring & Analysis (ODK + Earth Engine)

DAY TWO
Storytelling (Tour Builder)

Small group discussions

Resources

        ċ
        google06ab1ffccaef8b99.html
        (0k)
        Earth Outreach,
        Feb 17, 2016, 5:02 PM
        Comments